<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
洋裁道具の馬とまんじゅう ギューギュー詰め込み布替えします

洋裁をしていますとほしいもの(道具)が増えます。

だからと言ってそんなに簡単には買えません。

 

今欲しいものと言いますか、新しく買い変えたいもの。

 

それは、「 馬と饅頭 」。

 

アイロンがけ用の仕上げ馬とまんじゅうです。

これ、購入を考えますと結構高いなって思います。

 

そこで、相変わらずのハンドメイドさんはこれらも手作りで間に合わせています。

 

今回は、なんとなく焦げて色が付いてきたまんじゅうの布替えをしました。

そして、バリエーションも増やしてみました。

 

 

一番奥の仕上げ馬もどきは、肩や衿ぐりなど用の太め。

中間アイロンでの縫い代割などにも便利です。

 

その手前に転がっているのが、仕上げ馬もどき付け替えの袖用細め。

 

一番手前の二つは、まんじゅうもどきとエクレア。

 

エクレアは勝手に名付けしています。

まんじゅうは購入したものがひとつありますので、一回り小さいものを作りました。

 

手作りまんじゅうは、

外布はトワル作成に使用した使用済みのシーチングを再利用しています。

真ん中に使用済みのシーチングを詰めて、まわりにぎゅうぎゅうに綿を詰め込みます。

 

それから、仕上げ馬もどきについて。

こちらは家の中のあちこちに活用しています、

yazaki の「イレクター」を使用しました。

 

いろんな形のパーツがありまして、ホームセンターで好きなジョイントをチョイスします。

 

 

バラしてみた。

すぐ組み立てられますので場所も取りません。

 

組み合わせ次第で形が自由自在にできるイレクターはとっても面白いです。

DIYをされる方は、結構活用されてるかもしれませんね。

 

仕上げ馬もどきのほうは、

綿を詰めたパーツはそのままセットしますとくるくる回ってしまうので、

ドアストッパーのスポンジを細くカットして、差し込みパイプの両サイドに両面テープで張り付けています。

 

下の画像は、追加で作れるように予備のパイプを取り付けています。

 

 

まんじゅう作り。

ギューギューって詰め込む作業が、結構ストレス発散になって楽しいのです。

 

次はもっともっとギューギューに詰め込んでカチカチのをつくりますよ。

 

 

ハンドメイド作品を展示販売しています。

よろしければご覧くださいませ。

 

minneola gallery


https://minne.com/@kahorime

 

 

ブログランキングに参加しています。

クリック応援いただきますと制作の励みになります。

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

 

ご覧いただきありがとうございます。

お問い合わせはこちら → kahorime mail

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村  

 



| その他 | comments(0) | -
トルソー&ボディ ヘッドがないので自作してウイッグを使用してみた話

トルソー着用の撮影で気になるのはヘッドと指先ですね。

ベーシックなものは胴体のみですので、

腕付きトルソー、ヘッド付きトルソーはなんと呼んでよいものか分かりかね、

いまだにそのまま呼んでいます。

 

ちなみに、

マネキンは仏語 (モデル)

トルソーは伊語 (胴体)

ボディは英語 (身体、胴体) なのだそうです。

 

私としては大雑把に、

ヌードサイズで全身があり、素材がプラスチックなどで出来たものがマネキン

製図に使うにはどうにも難しい体形のメイン胴体に、簡易的な腕や簡易ヘッドが取りつけられるものがトルソー

ゆとり入りサイズやヌードサイズに限らず、布張りでピン打ちができる製図用として作られた胴体がボディ

こんな風に呼ぶことが多いです。

 

語源がお国言葉ならどれで呼んでも間違っていない気がしますが、

しいて言えば呼び名は好みでしょう。

 

前置きが長かったのですが、

ここで少し変わったハンドメイドを一点紹介します。

 

着画撮影するのに頭の無いトルソーではフードがかぶせられないなぁと考えましたのが、

先日のフードマフラーの撮影。

 

 

トルソーのてっぺんに手袋(前回の記事のミトン)をたたんで載せ、ウイッグをかぶせる。

そうしてなんとかフード着用の撮影をしました。

 

手袋が滑って落ちてくるので、動かないで! と指差ししてみたり。

何度も何度も載せなおして大変でした。

 

そこで作成しましたのがこちら、

 

 

白い顔が見えますか?中身はこちら ↓

 

 

シーチングにキルト用のポリエステル綿を詰めました。

 

なんだかあれに似ています。

これ、剣道の面防具。

 

 

ウイッグを正面でセットしますと少しだけあごが覗きますが、少し前傾きにしますととっても良い感じです。

 

 

合わせましたコーデは上下とも私物の作成品です。

 

トップスはカット地で袖口に少しギャザーを寄せて伸ばし仕様の細カフスをつけ、

クルーネック切り替えを伸ばし付けました。

 

スカートは3年前にラフカットで仕上げたものです。

ウールガーゼで今でもときどき活躍しています。

 

 

ハンドメイド作品を展示販売しています。

よろしければご覧くださいませ。

 

minneola gallery


https://minne.com/@kahorime

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

お問い合わせはこちら → kahorime mail

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村  



| その他 | comments(0) | -
| 1/1PAGES |