<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
外側と内側を変えた日傘の効果

紫外線をカットする日傘が欲しくて考えてみました。

日傘作成用の骨組みキットが流行っているようで、ハンドメイド資材のお店では前面に売り出されていました。

そこで私もチャレンジ。

紫外線カット加工の生地ではなく普通の生地で作るわけですから、黒っぽい濃色がベストなのでしょうけど、黒い日傘ってなんだか持ち歩くのも楽しくないなぁと思っていました。

 

選んだ生地は、かわいらしい色で飛ばしの刺繍がしてある、濃紺色で光沢を押さえたダルサテン。

サテン地ですので細糸で織り密度が高く、日差しをしっかりカットしてくれそうです。

そして濃色生地は熱を吸収して暑くなりそうですので、白いシフォンのカットドビー生地を合わせて二枚重ねにしました。

 

外側が白で内側が濃色。暑さを跳ね返し、紫外線をカットしてくれそうな日傘の完成です。

 

 

どちらも軽い生地ですので、二枚重ねでもコットンツイル地などで作るよりは重さを少なく仕上げられました。

 

表面に使用したカットドビーのシフォン生地はドビー織りの間隔が細かいので、カットされた糸の部分がふさふさとした芝生のように仕上がっている生地です。洋服にするには「季節はいつ?」と、悩んでいましたが、まさかの日傘になるとは誰が予想したでしょうか。

 

 

たたんだ時の包みひも先はスナップ仕様で、傘を差して使用する時には傘の広げた布部分にもスナップ止めが出来るようにしました。

 

 

持っているだけで目立ちます。

ちょっと不思議そうな目で見られますが、自身が楽しいので良しということにしましょう。

使い心地はかなり良しで、傘を差している時にも内側の刺繍が目に入り楽しい気分になるのでとても満足しています。

 

 

ハンドメイド作品を展示販売しています。

よろしければご覧くださいませ。

 

ギャラリーは ↓ こちら。
https://minne.com/@kahorime 

 

ブログお問い合わせはこちら → kahorime mail

PVアクセスランキング にほんブログ村 



| バック小物など | comments(0) | -
初めてのタティングレース

久しぶりにハンドメイド教室に行ってきました。

初めてのタティングレースあみあみ (o^―^o)

 

レース編みは得意です。なんてね。

ですが、まぁ何と言いましょうか、レース編みと全然ちがーう (´;ω;`) のが一番初めの感想です。

 

編むというより絡めるという感じです。

編み棒ではなくシャトルという道具を使います。

 

まずは練習、基本のリーフをずらずらと。

 

 

先生は、これができなきゃ他は何も進まないよっとおっしゃり、何度も作りました。

これだけ作って二時間半。

初歩にしてはまぁまぁ出来てるらしいです。ほっ。

 

リーフの先の小さなでっぱりは「ピコ」って言うんですって。

繰り返しますが基本の基本だそう。

このリーフ、小指の先に乗っけて同じくらいの大きさです。

 

 

初めに、編むというより絡めるという感じと書きましたが、洋裁好きの私としては「スナップや前カンの花かがり付け」の感覚に似ているかなぁと思いました。

 

花かがりをする感じでくぐらせたり引いたり。

一目くぐらせた後の引きの時に、引かれ側を緩めるのがコツなんじゃないかなぁと。

 

使用した糸はこちら。

 

 

これで太糸ですって。

この下に、細糸と極細糸がありました。

極細糸ってもう、どれだけ絡めれば進んでいくのやらってくらい繊細なモチーフに仕上がっていましたよ。

 

そして自宅に帰ってからの復讐。

もらったテキストを見ながら、リーフの間隔を詰めて5枚花びらのモチーフが完成です。

 

 

初めてのタティングレース作成記念に、ブログのアイコンにしてみました。

今度はどんな初めてをやってみようかな。

 

 

ハンドメイド作品を展示販売しています。

よろしければご覧くださいませ。

 

ギャラリーは ↓ こちら。
https://minne.com/@kahorime 

 

お問い合わせはこちら → kahorime mail

PVアクセスランキング にほんブログ村 



| バック小物など | comments(0) | -
お花がかわいいパンプスバンド

先日作成しましたハンドメイド、夏用のパンプスバンドです。

 

 

8コール平ゴムに、ケミカルレースのお花のモチーフを等間隔で手縫い付けしました。

ライクラゴムなら薄くてツヤもあるので見た目もよし。

 

ゴムの繋ぎ目もモチーフで隠して、ぐるっと一周お花飾り。

 

ポイントはゴムが伸びるように付けることだけね。

 

えっ? ってくらい簡単な作りですが、結構便利です。

 

 

手軽ですし平ゴムだけよりかわいいですよ。

 

大股で早歩きですので、一年を通してパンプスバンドはいろいろなタイプで必需品。

 

ハイヒールは履きませんよ。ヒールの高さは3〜5センチまでと決めています。

 

早歩きにはこのくらいの高さが一番だと思っています。

 

パンプス履いて、またいっぱい頑張ります。

 

 

ハンドメイド作品を展示販売しています。

よろしければご覧くださいませ。

 

ギャラリーは ↓ こちら。
https://minne.com/@kahorime 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

お問い合わせはこちら → kahorime mail

PVアクセスランキング にほんブログ村 



| バック小物など | comments(0) | -
春用バック 百均の合皮で作成

百円均一のカット合皮でバックを作りました。

 

ワンシーズンぶりのバック。

 

季節ごとにバックを作ると目標にしましたので、新しい春用を作成しました。

 

ですが、ショルダー紐を作る分の生地が有りせんでしたのでナスカン金具付きの紐は前作冬バックの使いまわしです。

 

 

バック部分の合皮は100円です。

 

そこしか自慢できないさみしい仕上がり。

 

それでも、内ポケットは3サイズ付けましたよ。

 

内布は、くるりんバルーン袖ブラウスを作成しました残りの生地です。

 

 

素敵なバックを作成される方に、「なんだこれは」と言われそうな自信の無さです。

 

もっと頑張らねば。

 

それでもひとつだけ、少しのこだわりを。

 

開きのマグネットスナップの部分に、スワロ風ビーズを飾りました。

 

差し込み式の金具なのにうっかり途中ではめ込むことを忘れ、最後にグサッと差しましたので差し込み受け側の金具が丸見えになりました。

 

そこで金具を隠さねばと、ビーズをお花形につないで金具部分を隠すように縫い付けましたら、何とかポイントになりました。

 

 

マグネットスナップは二個で百円でした。

 

材料費が安くついたことを強調してみましたが、まあまあ使えるくらいのレベルで残念。

 

それでもいいです、しばらく使います。

 

 

ハンドメイド作品を展示販売しています。

よろしければご覧くださいませ。

 

ギャラリーは ↓ こちら。
https://minne.com/@kahorime 

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

お問い合わせはこちら → kahorime mail

PVアクセスランキング にほんブログ村 



| バック小物など | comments(0) | -
フェイクファーとお風呂に入る ついでのシャンプーでファーを綺麗に

フェイクファーで作ったパンプスバンドを愛用しています。

 

作り方は、

基布が固くなく伸縮性のあるフェイクファーを細長くカット。

 

ファーの裏側は薄手のカットソーを小さめにカットして、両端をファーと接ぎ合わせてから縫い返し。

 

縫い目は少々伸びるようにロックのみ。

 

家庭用ミシンならジグザグ縫いあたりが良いです。

 

パンプスを履いた状態でくるっと足を包んで長さを決めてから、リング状に手まつりで縫い留めれば完成です。

 

 

自分サイズのパンプバンド。

 

フェイクファーと裏布は共に伸縮性のあるのもを選んで、少しきつめに作って足を通すと安定します。

 

 

自作コーディネートで過ごしていますと、「靴に生地を貼ったの?」と聞かれますが、靴は既製品です。

 

「靴に生地を貼ってアレンジする」面白いリメイク方法ですね。

 

そのアイデアいつかやってみたいです。

 

 

このファーバンド。

 

数日履いていますと土ぼこりなどで薄っすら色づいてきます。

 

それなら一緒にお風呂に入りましょう。

 

 

ファーの素材は

表面 アクリル80% ポリエステル20%

基布 ポリエステル100%

 

これなら水洗い出来る品質です。

 

 

それでは一緒にお風呂へレッツゴー。

 

自分のシャンプーのついでに洗面器にお湯を入れ、ここにもシャンプーを少々溶きます。

 

ファーを漬け込み、その間に自分の髪を洗いましょう。

 

コンディショナーをしている間に、ファーを押し洗い。

 

これだけ。

 

 

お風呂から上がったらタオルで挟んでたたいて水けを取ります。

 

まぁまぁ乾いたところでやさしくブラッシング。

 

 

左が洗いあがりタオルドライ後、右がブラッシング後。

 

洗いあがり後は濡れた子犬のように毛並みが縮れて驚きますが、くしを通せば見違えるようにふんわりします。

 

全体にブラッシングしたらそのまま放置して完全に乾かします。

 

 

左は裏布側。右はファー側。

 

足の甲が高いので、自分サイズのファーバンドは重宝します。

 

まだまだ寒いですので、ファーアイテムは活躍しています。

 

 

ハンドメイド作品を展示販売しています。

よろしければご覧くださいませ。

 

ギャラリーは ↓ こちら。
https://minne.com/@kahorime 

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

お問い合わせはこちら → kahorime mail

PVアクセスランキング にほんブログ村 



| バック小物など | comments(0) | -
| 1/2PAGES | >>