<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
肩をやさしく包み込むふんわりデコルテブラウス

少しずつ変化を付けた段替えシャーリングがかわいいスモックブラウスが出来ました。

 

衿ぐりから肩にかけてのゴムシャーリング仕様です。

 

袖口は少し上げて着用した時に止まってふっくらするように、アームバンド仕様のパフスリーブ仕様。

 

 

肩を覆うようにゴムシャーリングをあしらい、すっきり見えでもバストはゆったりとした着心地です。

 

シャーリングと言えばゴムカタン糸(1コールゴム糸)を下糸にして直線縫いをするところですが、こちらはネットゴムを使用しています。

 

ゴムカタン糸を別糸でジグザグにつないであるネット状の薄い付属ゴム。

 

あとから糸を引いて縮めるシャーリングテープではありませんので、肌触りはやさしくやわらかで気になりません。

 

 

下糸ゴムカタン縫いは、試し縫いをして縮み上がりの為のボビン緩み調節をしてから本番に入りますが、この調節は、一本縫っただけの時より何本も並べて縫った時の方がより多く縮みます。

 

ですので、試し縫いでカタン糸をかなり消費しますので、一枚縫いの時はもったいないと思ってしまします。

 

そんなわけで、オリジナルの時はネットゴムを使用できるデザインにすることが多いです。

 

さらに良い点は、一回で仕上げたい寸法にできるため、段ごとに縮み上がり倍率を変えられること。

 

これってデザイン、アレンジ次第ではものすごく便利です。

 

 

後身頃のみのウエストゴムシャーリング仕様で伸び縮みしますので着用もらくらく。

 

前で結んだり後ろで結んだり、ウエストリボンはアレンジ自在に、身頃ふんわりで着用できます。

 

生地は肌触りも滑らかなコットンサテン。


さらりとマットな表面はやさしい仕上がりになっています。

 

 

今日はこんな感じでコーディネート。リボンは後ろ結びでシンプルに。

 

 

ネットゴム、今回使用したのが三本コールネットのため、2本ステッチ押さえのデザインになっていますが、

付属屋さんでしたら4本コールネットもあります。

4本コールですと三本ステッチデザインにもできますよ。

 

ちなみにネットゴムは、

コールゴムや平ゴム売り場ではなく、ミシン糸やゴムカタン糸のところに置いてあることが多いです。

 

ですがもうすぐ夏になりますのでそろそろ、ゴムカタン糸で多段ボーダーのゴムシャーリング仕様のデザインも仕上げたいと考えています。

 

 

ハンドメイド作品を展示販売しています。

よろしければご覧くださいませ。

 

ギャラリーは ↓ こちら。
https://minne.com/@kahorime 

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

お問い合わせはこちら → kahorime mail

PVアクセスランキング にほんブログ村 



| プルオーバーブラウス | comments(0) | -
コメント

いただきましたコメントは時間差でブログに反映されます。
管理人へ直接のお問い合わせは、
kahorime_mailよりご連絡くださいませ。

コメントする